胆石とは?

胆石は胆のうおよび胆管内でコレステロールなどが凝固して結石化したもので、この胆石によってもたられされる胆のう炎や胆肝炎、さらには胆道がんなどの要因になります。特に胆管と臓器(たんのうや十二指腸)をつなぐ出入り口付近に胆石がつまると疝痛発作といわれる激痛に襲われます。

胆石について

胆管と臓器(たんのうや十二指腸)をつなぐ出入り口付近に胆石がつまると疝痛発作といわれる激痛に襲われ、症状が悪化すると発熱や黄疸などの症状を発症します。さらには生命の危険にもつながる恐れがあります。

胆のうは、肝臓と十二指腸(胃の幽門側(下側出口)につながる臓器)を総胆管といわれる管でつながっているその途中から枝分かれしたところにある袋状の臓器です。

胆のう働きは肝臓で作られた胆汁を貯蔵し濃縮すること、および胃から十二指腸に食物が送られてきたときに胆汁を送り出して脂肪などの消化活動を促進することです。

胆石イメージ

胆石は肝臓で作られた胆汁が流れ十二指腸に到達するまでの通り道(胆道)となる胆管内および胆のうにできます。

胆石が生成される要因は、食習慣によるもので8割がコレステロール(コレステロール胆石)といわれ、脂肪を多く含む食物を過剰摂取しそれを継続することです。

そのほかに胆汁成分のビリルビンとカルシウムが結合した色素胆石があり、おもに胃がんの摘出手術をした人に多いといわれています。

胆石の検査は、画像検査および血液検査で検出することができます。画像検査ではおもに腹部超音波検査によって判明することが多いですが、そのほかにもCT検査、MRI/MRCP検査、超音波内視鏡、および内視鏡的逆行性膵胆管造影検査(ERCP)などで詳細に大きさ、形、位置などを調べることができます。

胆石の治療は、薬物や衝撃波により手術をしない方法や手術する場合があります。薬物療法は溶解療法といい薬を長期間服用し続けることによって結石を溶かす方法です。

また衝撃波による方法は体外衝撃波破砕療法といい、外部からの衝撃波によって結石を粉砕し小さくして体外へ放出させます。

いずれも胆のうを温存することができますが、再発する可能性はあります。一方手術は、胆のうそのものをすべて摘出することで、開腹または腹腔鏡により行います。

再発の可能性がありませんが、胆のうを摘出したことで胆汁が蓄積されないため手術前のような食事は制限されることになります。

HOME | 胆石の症状 | 胆石の原因 | 胆のうのしくみ | 胆石の検査法 | 胆石の治療 | 胆石の手術 | 胆石の食事

 

Copyright 胆石のすべてがわかる All rights reserved.

privacy