胆石の原因

食習慣による原因が大きな要素を占めています。食事時間が不規則、無理なダイエット、慢性的なストレス、肥満傾向、食事の量が多い、ファーストフードを好む、肉類を好む、野菜をあまり食べない、脂肪分の多いものを好む、運動はしない、アルコール摂取量が多い、便通が不規則などです。

胆石の原因(詳細)

食習慣との関係

食習慣による原因が大きな要素を占めています。

食事時間が不規則、無理なダイエット、慢性的なストレス、肥満傾向、食事の量が多い、ファーストフードを好む、肉類を好む、野菜をあまり食べない、脂肪分の多いものを好む、運動はしない、アルコール摂取量が多い、便通が不規則などが主な要因です。

これらの生活を繰り返すことで、胆汁に含まれるコレステロールの濃度が高くなり胆石を作ることになります。

胆石イメージ

持病との関係

高脂血症を指摘されている人は、胆のう内の胆汁濃度が濃い状態が継続しているため胆石ができやすいということになります。

糖尿病の人は、細菌などの感染症を発症しやすく胆石になると胆のう炎や胆肝炎から急激に悪化する可能性があります。

妊娠中の人は、胆石がある場合は胆のう炎を患う可能性があるので注意が必要です。つわりなどで嘔吐を繰り返すと胃腸などに負担をかけることから胆のう炎を誘発する可能性があります。

胃の切除手術をした人は、胆石の発症割合が10〜20%で色素胆石が多いという特徴があります。要因は胃の切除手術時に胆のうの運動神経を切除している可能性があり、胆のうの収縮運動が低下しているためのようです。

自律神経失調の人は、胆のうを制御している自律神経の機能に影響を与え、さらに胆のうの動きを活発にする副交感神経とのバランスが崩れる可能性があります。

体質との関係

女性で40歳以上、ちょっと太めで食欲が旺盛な人ほど胆石になりやすい傾向にあります。また多産の女性にも多いようです。一方男性では、40〜50歳代以上で食欲旺盛な人は注意が必要です。

HOME | 胆石の症状 | 胆石の原因 | 胆のうのしくみ | 胆石の検査法 | 胆石の治療 | 胆石の手術 | 胆石の食事

 

Copyright 胆石のすべてがわかる All rights reserved.

privacy