胆のうのしくみ

胆のうは、胆管と胆のうで構成され、胆管には肝臓と十二指腸を結ぶ総胆管、総胆管が肝臓内に入り込んでいるところを肝内胆管、そして総胆管が肝臓と十二指腸の途中で胆のうにつながっているところを胆のう管と言います。胆のうは胆のう管につながる袋状の臓器です。

胆のうのしくみ(詳細)

総胆管が十二指腸に入るところが、十二指腸乳頭(ファーター乳頭)といって括約筋によって開閉しています。

胆のうの働きは、2つあります。1つは肝臓で作られた胆汁を貯蔵する役割です。胆汁は、肝臓で1日あたり500ml作られる濃い黄緑色の液体で、嘔吐などしたときに苦い思いをしたことがあると思いますが、これが胆汁になります。

胆汁の成分は、95%は水ですが、胆汁酸、ビリルビン、レシチン、コレステロールが溶け込んでいます。この成分が脂肪、コレステロール、脂溶性ビタミンを乳化させ水になじませやすくする働きをもっています。

ちょうど牛乳が水と油が混ざり合っている状態と同じようなことです。この胆汁は胆のうに貯蔵されると5〜10倍に濃縮されます。

もう1つは胃から十二指腸に食物が送られきたときに胆汁を送り出すことです。胃から十二指腸に食物が送られてくると、十二指腸の粘膜からホルモンが分泌されます。胆のうに蓄積された胆汁を総胆管の胆道を通ってファーター乳頭にながれます。

そして脂肪の消化酵素を持つすい臓の膵液と一緒にファーター乳頭から十二指腸に送られます。食物はこの胆汁と膵液によって脂肪が消化されます。胆汁の一部は腸から吸収されて肝臓に戻り再利用されます。吸収されなかった胆汁は便に混じってそのまま体外に排出されます。

胆のうイメージ

胆石と胆のうの病気とのかかわり

胆石が発見されると胆石が起因して胆のうや胆管に疾病が発症することが懸念されます。 胆のうの病気の種類には、急性胆のう炎、慢性胆のう炎、胆管炎、胆のうがん、胆肝がん、および乳頭部がんがあります。

胆のう炎には急性と慢性があります。急性胆のう炎は、胆石の疝痛発作後に発症します。原因は胆石が胆のうの出入り口を塞いで、胆汁が胆のう内を一杯にし、その胆汁成分が変化して、粘膜を傷つけたりすることで炎症を起こします。2〜3時間疝痛発作を起こし細菌感染や高熱を発症することもあります。

慢性胆のう炎は、胆のうの壁が厚くなったり、変形したり、萎縮したりします。胆石が詰って胆のうが機能せずに腫れた状態を継続すると胆のう内に水や膿が溜まったりすることがあります。

胆管炎は、胆管に胆石がつまり滞った胆汁に細菌が繁殖して発症します。吐気、みぞおちの痛み、悪寒を伴う高熱、および黄疸の症状を呈し、腹部超音波検査では発見しにくい場合もあります。

胆管がんは、胆道にできるがんで、高齢になるにしたがって発症する割合が高くなります。比較的早い段階で黄疸を発症する場合が多いようです。

胆のうポリープは、胆のうの壁が隆起したものでポリープといい、茎のあるポリープは良性です。茎のないものが悪性のものが多いポリープでがんになります。ポリープによる自覚症状はありません。大きさが10mmを超える場合はがんの可能性が大きいため定期的に形状や大きさを検査する必要があります。

胆のうがんは、症状がほとんどでないため気がつかないうちに進行している可能性があります。特に肝臓に接しているためがんが増大すると肝臓に転移していることがあります。胆のうがんを発症した人の大半は胆石があるようなので、胆石の状態を定期的に検査することでがんを早期に発見する可能性があります。

HOME | 胆石の症状 | 胆石の原因 | 胆のうのしくみ | 胆石の検査法 | 胆石の治療 | 胆石の手術 | 胆石の食事

 

Copyright 胆石のすべてがわかる All rights reserved.

privacy